2013
11.21

公衆無線LANの無料開放実証実験について

エトセトラ, 気になるニュース, IT全般・ニュースやトレンド


大規模震災を想定した、日本国内では初めての公衆無線LANの無料開放実証実験が開催されました。
これは、災害用統一SSIDの実証実験です。

総務省主催の「無線LANビジネス研究会」での提言をうけてすすめられているもの。
災害時に事業者にかかわらず共通で利 用可能な「災害用統一SSID」を使って利用していくために実験がすすめられています。

通常は、A社のアクセスポイントはA社契約のスマートフォンやPCだけしか利用できません。
でも、今回実験している「災害用統一SSID」を利用するためのアクセスポイントであれば、A社以外のスマートフォンやPC
などでも利用できます。

これが、災害時に一人でも多くの人がスムーズにインターネットを利用できる環境を整えていくための準備のひとつです。

>>総務省:無線LANビジネス研究会のページはこちら



The following two tabs change content below.
【講師・SNS Dr】大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。講師になったきっかけは、再就職活動の際にうけた企業からの理不尽な対応。「お願いされる立場になる!」とパソコンの学習をスタート。売り込まずにすむにはどうしたらいいかと考え、「それまでに誰もやったことがないことをやれば目立って声がかかるはず」という結論に達する。そして、3ヶ月で13個の資格を取得し、講師となる。起業して20年、2,000人を超える人へ指導をしてきた実績がある。現在は、「パソコンや営業がどんなに苦手でもできるSNS集客」を中心とした講演を行っている。ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー