2012
08.15

「狼煙」とは?それに…なんて読む?

スキルアップ


「狼煙」その読みは?

おおかみ の けむり と書きます。

なんと読むのか、わかります??

「ろうえん」…じゃなさそう。


「のろし」 と読みます。

時代劇とかで、敵がきたぞ~! とか知らせたりするあれです。

「狼煙」と表記する理由は?

高くまっすぐ煙をあげるため、狼の糞をまぜて火をつけたから

この狼煙、アナログ的な伝達手法の代表だともいえます。

ほそ~くあげるか、数分おきにあげるか、色のついた煙にするのか…
などで連絡がとれる。

今みたいに携帯電話のない時代、
山ひとつふたつ超えての連絡には、いろんな工夫があったんですね。

The following two tabs change content below.
【講師・SNS Dr】大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。講師になったきっかけは、再就職活動の際にうけた企業からの理不尽な対応。「お願いされる立場になる!」とパソコンの学習をスタート。売り込まずにすむにはどうしたらいいかと考え、「それまでに誰もやったことがないことをやれば目立って声がかかるはず」という結論に達する。そして、3ヶ月で13個の資格を取得し、講師となる。起業して20年、2,000人を超える人へ指導をしてきた実績がある。現在は、「パソコンや営業がどんなに苦手でもできるSNS集客」を中心とした講演を行っている。ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー