2017
04.22

山田の藤を観に行こう!薄紫の花といい匂いに包まれる♪(熊本県玉名市)

熊本のこといろいろ


桜と入れ替わるように楽しめるようになってくるのが「藤の花」。

熊本で藤の名所というとまず挙げられるのが、この「山田の藤」だろう。

以前はその入り口がわかり辛かったが、ここ数年は曲がり角に旗がはためいていて安心だ。

山田の藤とは

山田の藤とは、玉名市の山田日吉神社にある藤のこと。

推定樹齢200年で、熊本県の天然記念物に指定されている。

地上60㎝のあたりの幹回りが2.5mあるというこの藤から枝分かれした広い藤棚は、圧巻だ。

長い花房にたわわと咲き誇る薄紫の花、独特のやわらかく甘い香りに、息を深く吸い込みたくなる。

山田日吉神社

桜の開花は遅かった今年だが、富士は順調に咲き始めている。

人が多すぎる時間を避けて、9時頃に到着した。

パンフレットを渡されるが、入場は無料。

保全費などの寄付箱もなし。

山田の藤・開花状況は…

藤棚から垂れ下がってくる藤の花。

最初の鳥居をくぐって次の鳥居までずっと続く藤棚。

かなり高さもあり、アーチ型になっている藤棚の姿はモダンで、満開でなくても楽しめる。

花姿だけでなく、香りも楽しめるのが藤の魅力。

毎年の恒例行事にしたい、藤のお花見。

山田日吉神社 アクセス方法はこちら

熊本県玉名市山田1番地

玉名駅から約4km、菊水ICから約12km

お問い合わせ先

  • 玉名市ふるさとセールス課 0968-73-2222
  • (一社)玉名観光協会 0968-72-5313