2017
06.12

東京上野の旧貴賓室・ブラッスリーレカンのフレンチ・ランチは駅ビルであることを忘れさせてくれる

東京


今まで乗り換え以外で立ち寄ったことのなかった上野。

その駅ビルアトレに素敵なレストランがあると聞き、早速ランチに立ち寄った。

東口を出てすぐ、アトレの1階にあるフレンチ。

あのレカンがアトレにあるの?というのが正直な印象だったが、たしかに店構えからちょっとおしゃれ。

ちょうどお昼の時間帯ということもあり、行列ができていた。

ある程度の待ち時間を覚悟して椅子に座っていたが、案外すぐに順番がきた。

ブラッスリー レカン

店内は、旧貴賓室という期待に違わぬ風情。

クラシックで落ち着いたインテリアと豪華な薔薇の花。

そして極めつけはメートル(給仕長)、もういかにも「フレンチの人」!

完全ITに移行しようとしているシステムをまだまだ使いこなせていない様子も、なんとなく微笑ましい。

使いこなせるようになるころには、もしかしたら定年を迎えそうな男性だ。

ランチは4種類のメニュー。

今回は、前菜・スープ・肉料理・デザート&カフェのコースにした。

お料理

  • サーモンの軽いスモーク さつま芋のサラダ添え

大きく切られた厚めのサーモン。

スモークの薫りがしっかりして風味を増しているのに、火が通りすぎていないその加減に目を見張る。

サラダのドレッシングはビネガーがきいていて、さつま芋の甘さとのバランスがいい。

  • 人参のクリームスープ

しっかり人参を感じるクリームスープ。

フレンチのスープをいただくと、なぜか子供の頃の思い出を語りたくなるわたし。

今回もそんな話をしながら…。

  • 仔羊のロティバジル風味 クスクス添え

これも大きく厚めにカットされた、ピンクの仔羊。

やわらかいだけではない、しっかりとした弾力がいい。

お肉の後ろにこんもりと盛ってあるクスクスがしっかりスパイスをまとっていて、クセになりそうなおいしさ。

  • デザートとキャフェor紅茶


デザートは500円で全コースに追加できて、4種類から1人1つ選べる。

今回の2品はベリーのムースにキウイのソース、そして盛り合わせ。

左側の紅茶ケーキの香りが一番印象に残っている。

写真上のベリー系のデザートは色合いがなんともフランスを感じる。

せっかくなら、フレンチレストランでしかいただけないこういうデザートで締めるのが素敵♪

 

ぜひまた行きたい上野のフレンチ。お店の情報はこちら↓

 ブラッスリーレカン お店の情報

  • 〒110-0005 東京都台東区上野7丁目7−1−1 アトレ上野レトロ館1階
    ※地下鉄銀座線 上野駅東口徒歩1分
  • 03-5826-5822
  • ランチタイム…11:00~16.30
  • ティータイム…13:30~16:30
  • ディナータイム…16:30~22:00
    ブラッスリー レカン
The following two tabs change content below.
【パソコン講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。講師になったきっかけは、企業側の理不尽な対応。「もう二度と面接は受けない!」「依頼される立場になる!」とパソコンの学習をスタート。売り込まずにすむにはどうしたらいいかと考え、「それまでに誰もやったことがないことをやれば目立って声がかかるはず」という結論に達する。そして、3ヶ月で13個の資格を取得し、講師になるという夢をかなえる。現在、オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー