2017
07.03

スターバックスキーホルダー(STARBUCKS TOUCH The Drip)の騒動って何?どうしてそんなに高額になるの?

気になるニュース


STARBUCKS TOUCH The Dripって何?

スターバックスのキーホルダー、STARBUCKS TOUCH The Dripの店頭限定販売で、ちょっとした騒ぎになっている。

そもそも、この「STARBUCKS TOUCH The Drip」とは何か?というところから「?」がついている人もいるかもしれない。

これは、スタバ専用のプリペイドカード機能が革製のキーホルダーに内蔵されているものだ。

STARBUCKSと人気アパレルブランドBEAMSのダブルネームということもあって、大変人気がある。

騒動になった経緯は?

初回は限定店舗のみでの販売は販売直後に完売。この時は緑や黒、茶などの定番色展開だった。

2回目はピンクやブルーなどやわらかい色に変わり、ネット予約の上抽選。当選者のみにメールで連絡があり、宅配便で届く仕組みだった。

そして、今回騒動にになったのは、3回目の販売。

限定店舗で6月24日に販売予定だったものを、23日深夜になってスターバックスが急に取りやめたため、騒動になってしまったのだ。

この背景には、Amazonやメルカリ、Yahooオークションなどでの高額転売と、それに伴う販売店での混乱が予想されたため。

本来の価格は4,240円(1,000円分のチャージ含み、税込)にもかかわらず、高いものでは7月3日現在でも6万円や7万円といった法外な価格がついている。

実際にその値段で売買されているのか?というと、そんなことはないだろう。

しかし、誰かが最初に高い値段をつけると、それを基準として販売価格を設定する人が増える。

妥当な価格のものは割安感もあってすぐに売れてしまうため、結局目につくのは高いものだけ。

そうすると、転売目的の人は「これはおいしい!」とそれを手に入れようとして必死になる。

その結果がこの騒ぎだといえる。

純粋に手に入れたい人にとっては、とんでもないことだ。

 

…そう思っていたら、まさに「災い転じて福…」の展開になった。

再販売はオンライン予約&抽選

スターバックスから発表されたコメントは次のとおり。

本件により、多くのお客様からお寄せいただいていた信頼を裏切ることとなったことを弊社としても極めて重大な事態であると受け止め、より多くのお客様に本商品をお届けする方向で検討を進めてまいりました。
再販売にあたり、関係各社と協議を重ね、最大で20,000個の増産が可能であるという見込みが立ちました。そこで、店舗での販売を予定していた2,500個に増産分の20,000個を加えた合計22,500個を、弊社オンラインストアにおいて抽選販売をすることを決定いたしました。

7月10日の10:30からオンラインサイトで受付を開始し、当選者には7月24日以降、メールで連絡される。

職人による手作りということで、この大量な製品を一気には作れないため、4回に分けて発送されるとのこと。

一番遅い受け取りだと来年2018年6月になるというので、気の長い話だ。

つまり、少なくともこの時期まで再販はないということになるのだから、欲しい人はほぼこれが最後のチャンスだ。

ちなみに、申し込みはひとり1回。

また、6月の抽選で手に入れている人は、今回申し込むことができない。

そこまでして手に入れる価値があるか?というのはその人の価値観次第だろう。

わたしは「実質3,240円のキーホルダーだと考えても十分な価値はある」という感想だ。

厚さ、手触りともに優秀。ちょうど車のキーホルダーを変えたかったので、大変重宝している。

すでにスターバックスカードは持っているが、それでも買ってよかった、と思っている。

現在はまだ申し込みページを見ることができない。

気になる人は、7月10日にスターバックスのサイトをチェックしてほしい。

The following two tabs change content below.
【パソコン講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。講師になったきっかけは、企業側の理不尽な対応。「もう二度と面接は受けない!」「依頼される立場になる!」とパソコンの学習をスタート。売り込まずにすむにはどうしたらいいかと考え、「それまでに誰もやったことがないことをやれば目立って声がかかるはず」という結論に達する。そして、3ヶ月で13個の資格を取得し、講師になるという夢をかなえる。現在、オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー