2017
07.25

熊本の老舗フレンチ:塩胡椒で仔羊のランチコース

熊本のおいしいもの


母をひさしぶりにランチに連れ出そうと「何がいい?」と聞いたリクエストがフレンチ。

料理が重すぎず、でもしっかりフレンチ感を味わえるところ、斬新じゃなくむしろ王道で…

と考えて選んだのがここ、塩胡椒だ。

昨年の熊本地震の影響でしばらく店を閉めていらしたが、現在は通常営業に戻っている。

熊本地震の影響を受ける通りにあり、外観は写真でもわかるようにかなり痛々しい。

しかし、店内は全くその影響は感じられず、古民家の趣をいかした落ち着く空間が広がる。

食器類などの被害もなかったとのこと。

11時30分に入店すると、席は奥の窓際に用意されていた。

塩胡椒のランチコース

今回は2,300円(税抜)お肉のランチコース。

  • 前菜

海老と魚介のムース。

フランス料理といえば…の濃厚ムースをサラダにあわせてあることで、さっぱり。

サラダのソースは酸味強め。

このムース、魚介の風味がしっかりしていて、お酒にもあいそう。

  • ポタージュ

人参のポタージュ。オレンジの色が濃い目でかぼちゃ?という感じの色合い。

ぽってりではなく、サラサラに近い感じのポタージュで、暑い季節のお昼でもOK。

人参の風味はそれほど強くなく、いただいている時には舌に感じない。

飲み込んだあと息をするとほんのり感じるかな?というくらい。

  • 仔羊背肉炭火焼

このお肉コースのメインは仔羊。

仔羊が苦手な人は魚(種類は日替わり)にするか別のコースを選ぶことになる。

わたしは仔羊大好き!なので、狙いでこれ。

大きく厚い仔羊が2本。

カットした写真を見ていただくとわかるように、ちょうどいい具合、いいやわらかさと歯ざわり。

香辛料に主張はないけれど、仔羊のクセはきれいに消えている。

  • ランチデザート&コーヒー

デザートはこの紅茶のブラマンジェかプリンから選べる。

小さいサイズなので、おなかいっぱいになっていても十分に楽しめる。

コーヒーも小さ目サイズ。

最後に

もう四半世紀は続いている熊本では老舗のフレンチ。

鶴屋近くにあった頃から味にうるさいおじさま、お姉さま方に評判だったお店だ。

その塩胡椒がグルメサイトで酷評されているのを見かけた。

ただ、その掲載年を見ると、どれも数年前のこと。

たしかに、しばらく「え?味おちた?」という時期があったのは否定しない。

しかし、今の塩胡椒は自信をもっておすすめできるフレンチ。

今回も、すべておいしくいただいた。

お店の情報

関連ランキング:フレンチ | 呉服町駅洗馬橋駅新町駅

The following two tabs change content below.
【パソコン講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。講師になったきっかけは、企業側の理不尽な対応。「もう二度と面接は受けない!」「依頼される立場になる!」とパソコンの学習をスタート。売り込まずにすむにはどうしたらいいかと考え、「それまでに誰もやったことがないことをやれば目立って声がかかるはず」という結論に達する。そして、3ヶ月で13個の資格を取得し、講師になるという夢をかなえる。現在、オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー