2017
04.05

熊本市植木町の吉次園で噂の「生いちごソフト」を食べてきた!【1日1甘No.37】

スイーツ, 熊本のおいしいもの


熊本市の北側、植木町にある「吉次園(きちじえん)」をご存知だろうか?

以前は「いちご狩りできるところ」の印象が強かったが、ここ数年は「いちごスイーツが楽しめるカフェ」と認識している人も多くなっている。

上熊本駅から崇城大学前、玉名方面へ抜ける道を車で走らせるとこの看板が見えてくる。

くだものソフト専門店 KICHIJIEN cafe

むかって左側がカフェ

そして右側が果物やジュースなどの販売コーナー

カフェと販売コーナーは透明のシートでこんなふうに仕切られている。

ここで注文して、席でしばらくできあがりを待つ。

丸テーブルに椅子2つ が 3席と、カウンターに椅子5席ほど。

お店の外にもテーブルと椅子があるので、そこで食べることもできる。

もちろん、テイクアウトもOK。

お店のこだわり

食べてみると実感できる、「店のこだわり」は次の3つ。

  1. 果物やフルーツソースは自社農園と信頼できる農家のものだけを使用
  2. ワッフルコーンは、一つ一つ手作りで焼き上げる
  3. ベースとなるミルクソフトは、阿蘇酪農家直送のジャージー牛乳を使用

くだものソフトなどのメニューは?

くだものソフトは、季節によって変わるのだが、春はやはり「いちご」が人気。

「生いちご」と「紅あかね苺」の違いは、いちごのトッピングがのっているかどうか。

このいちごもいちごソースも自家製。

食べたことはないけれど、お店の入り口にある看板に思わず目を奪われたのがこれ。

「けずりいちご」は3月~10月の期間楽しめる。

凍らせたいちごをかき氷のように削ったいちご100%のデザート。

次はこれにしよう♪

 

生いちごソフト

今回いただいたのは「生いちご」430円。

この独特なフォルム!

けっこうソフトクリームって、どこも似たりよったり…な中、このソフトは見た目から独特。

いちごはさっぱりめの味わい。

ワッフルはけっこう甘い。

あっさりとした「ミルクソフト」という感じのクリーム。

濃厚ではないけれど、味わいの濃いミルクで、甘みはそれほど強くない。

このへんがワッフルとの味のバランスがいい。

そして、いちごソースに大きな違いがある。

よくある「いちごソース」ではなく、「そのまんまいちご」のいちごソース。

ジャムとも違う、市販のいちごソースとも違う、いちごを煮詰めたしっかりいちご!

春、いちごシーズンのうちにぜひ味わってほしい、「ここにしかないソフトクリーム」。

…どうして今まで立ち寄らなかったんだろう???…

お店の情報

  • 吉次園
  • カフェ営業時間
    3月~10月…10:00~17:30
    11月~2月…11:00~17:00
  • 住所 熊本市北区植木町木留556-1
  • 電話番号 096-273-2544